現在読んでいるライトノベル『魔法少女育成計画』が予想以上に面白いので紹介。



魔法少女育成計画

ストーリー
大人気ソーシャルゲーム『魔法少女育成計画』は、数万人に一人の割合で本物の魔法少女を作り出す奇跡のゲームだった。幸運にも魔法の力を得て、充実した日々を送る少女たち。しかしある日、運営から「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という一方的な通告が届き、十六人の魔法少女による苛烈で無慈悲なサバイバルレースが幕を開けた……。第2回「このラノ」大賞・栗山千明賞受賞作家の遠藤浅蜊が贈る、マジカルサスペンスバトル!

続編がたくさん出ていて登場人物やゲーム内容も毎回変わるけど、大まかなストーリーは共通してます。




ここが面白い!

このライトノベルは、ゲームをクリアするために魔法少女同士がチームを組んで協力し合ったり、逆に裏切り・裏切られたりして戦ったり…といったガチなバトルロワイヤル展開が大きな魅力のひとつ。

魔法少女たちはそれぞれ一つ魔法を使えて(人の心を読める、相手になんでも命令できる、巨大化できる…などなど)、自分の魔法を状況に応じて上手く使いながらゲームクリアを目指していきます。

1対1の激しい戦闘が繰り広げられることもあれば、巧妙なトリックで相手を騙して命を奪うという場面も多々あって、ときには「その魔法にそんな使い方があったとは!」というような驚きも与えてくれたりと、戦闘シーンの描写がとにかくアツイ。




しかし内容は、かわいい萌えイラストのイメージに反した、なかなかに残酷なもの。

相手の魔法少女に手足や指をボキボキ折られたり、原型をとどめないほどメチャクチャに撲殺されたり斬られたり刺されたり…

しかもゲームは強制参加で棄権できず、部外者に喋ったりしたら即死亡ってことで、逃げ場もなし。

途中までほぼ主人公的な立ち位置だった魔法少女ですらあっさりと死んだりするので、僕も読んでいて「嘘だろ?」と思う場面が何度もありました。


萌え絵タッチの魔法少女たちが過酷な戦いに巻き込まれる作品といえば、アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』を連想するけれど、『まどか☆マギカ』以上に非情で、救いも奇跡もない作品デス

刺激的でストーリーもしっかりしているので、読むとぐいぐい引き込まれます。アニメ化も決定したようなので、その前に一読しておくことを勧めます。