魔法少女たちが繰り広げる壮絶なバトルロワイアルを描いたライトノベル『魔法少女育成計画』。このラノベ超面白いので、何度でも紹介します。無職で金にあまり余裕のない僕がまとめ買いするレベルですからね。

「~していない人は人生損してる」というフレーズは他人に言われると超むかつきますが、今回はあえて煽ってみました。
魔法少女育成計画


1巻


大人気ソーシャルゲーム『魔法少女育成計画』は、数万人に一人の割合で本物の魔法少女を作り出す奇跡のゲームだった。幸運にも魔法の力を得て、充実した日々を送る少女たち。しかしある日、運営から「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という一方的な通告が届き、十六人の魔法少女による苛烈で無慈悲なサバイバルレースが幕を開けた……。第2回「このラノ」大賞・栗山千明賞受賞作家の遠藤浅蜊が贈る、マジカルサスペンスバトル!

まずはここから。これを読めば、他の量産型ラノベとは違うことがわかります。


2巻


「魔法の国」から力を与えられ、日々人助けに勤しむ魔法少女たち。そんな彼女たちに、見知らぬ差出人から「魔法少女育成計画」という名前のゲームへの招待状が届く。先に進むたびに大きな自己犠牲を要求する、理不尽なゲームに囚われた16人の魔法少女は、自分が生き残るために策を巡らせ始める……。話題のマジカルサスペンスバトル『魔法少女育成計画』に続編が登場! 新たな魔法少女たちの生き様に刮目せよ!

この「restart」は前後編にわかれていて、2巻は前編。今回の主人公的存在だと思ってた子があっさり死んだときは「ファッ?!」ってなりました。



3巻


ひたすらに激化していく、囚われの魔法少女たちによる生き残りゲーム。残酷かつ一方的なルールの下で、少女たちは迷い、戦い、一人また一人と命を落としていく。警戒すべきは姿の見えぬ「マスター」か、それとも背後の仲間たちか。強力無比な魔法が互いに向けられる時、また一人新たな犠牲者が生まれる――。話題のマジカルサスペンスバトル、第二幕の完結編! 最後まで生き残る魔法少女は、いったい誰なのか!?

restartの後編。バトルものとしても、推理ものとしても楽しめます。ラストの展開は全く予想できませんでしたねぇ。



4巻


『魔法少女育成計画』『魔法少女育成計画restart』で、過酷な死のゲームを繰り広げた魔法少女たち。そんな彼女たちに魅せられた読者の声に応えて、本シリーズの短編集がついに登場! 少女たちのほんわかした日常や、不思議な縁や、やっぱり殺伐とした事件などなど、エピソード山盛りでお届けします! 本編と合わせて楽しんでいただきたい一冊ですが、この本からシリーズを読み始めるというのもアリ、かも!?

短編集。1巻、2巻の前日談・後日談、前作までに登場した魔法少女たちの意外な関係などがわかります。


5巻


「あなた達は魔法の才能を持っているのよ」放課後の理科準備室に現れた妖精は、そう告げると、室内にいた女子中学生達を魔法少女へと変えてしまった。「魔法少女になって、悪い魔法使いからわたしを助けて!」まるでマンガやアニメのような展開に、色めき立つ少女達。誕生したばかりの七人の魔法少女は、妖精に協力することを約束するが…。話題のマジカルサスペンスバトル、ついに第三幕スタート!

restartと同じく前編・後編にわかれてます。閉ざされた時間・空間のなかに16人もの魔法少女たちが一同に会するってことで、かなりの盛り上がりです。


6巻


追う者と逃げる者。結界で限定された空間における、命を賭けた“鬼ごっこ"は、今まさに最高潮を迎える。次々と倒れていく魔法少女たち。刻々と近づくタイムリミット。状況は常に変化し続け、三つの陣営の思惑は入り乱れる。敵味方の立場さえも激しく入れ替わる血みどろの戦いの果てに、最後まで生き残るのは、そして目的を遂げるのは誰なのか? 話題のマジカルサスペンスバトル、第三幕の完結編!

作中最強レベルの魔法少女たちが登場し、これまで以上にバトルが熱くなってます!一作目から登場している魔法少女も活躍していて、過去作との関わりがより強く感じられるシリーズですな。



7巻


加賀美桜は平凡な少女で、桜が変身する「プリズムチェリー」は平凡な魔法少女だった。
平和な町で、地味な魔法を使い、淡々と人助けを続ける日々に倦んでいた桜は、ある日クラスメイトの青木奈美から声をかけられる。
「加賀美さんさ、魔法少女だよね? あたしもなんだ――」
非凡な魔法少女「プリンセス・デリュージ」との出会いによって、桜の運命が動き始める……!
話題沸騰のマジカルサスペンスバトル、新章スタート!

今度のバトルは「魔法少女」vs「人造魔法少女」。4作目の7巻ともなればワンパターン化してもおかしくないのに、全く飽きさせません。


8巻


盟友リップルの行方を探しながら、「魔法少女狩り」としての活動を続けるスノーホワイトに、「魔法の国」の中枢たる「三賢人」の一人から呼び出しがかかる。指定された屋敷に赴いたスノーホワイトを待ち受けていたのは、高貴そうな雰囲気を身にまとった、幼い容姿の少女だった。少女はスノーホワイトに、とある魔法少女の護衛を依頼するが―。話題沸騰のマジカルサスペンスバトル、ますます絶好調!

続編が出るにつれてキャラクター同士の意外な繋がりが見えてきたり、どんどん目が離せなくなってきてます。あと、作者のあとがきも毎回地味に面白いので必読。


前回紹介した際は2作目まで読んでましたが、ようやく最新巻まで読み終えました。そして、これからまた1作目の再読に入ります。あー忙しい。これじゃ働く暇もありませんな(おいっ