「無職歴2年とのことですが、精神的に辛くなったりしないんですか?」というような質問を複数頂いたので、答えましょう。

BlogPaint

たしかに、この先どうなるんかな〜とか考えることはありますけど、「まあ、なんとかなるだろ」という気持ちのほうが強いです。本当ならもう少し危機感を持つべきなのかもしれません。しかし、残念ながら僕にはそういった感覚が欠けてしまっているようです。

まあたまにダークサイドに落ちるときもありますが、それも軽度であって、わりとすぐに復活するんですよね。


そんなふうに長期間無職でも平常心でいられている理由を、思いつく限り挙げてみました。



貯金が減らなくなった

現在は実家で親のすねをかじっていることと、お金を貰いながら職業訓練を受けていること、そしてブログ収入がちょっと増えたことで、貯金の減少がストップ。毎月黒字だー!

あまり贅沢はできないことに変わりはないですが、それでも貯金が減らなくなっただけで気持ち的にすごく楽になりました。

収入がゼロで毎月じわじわと貯金が減っていくっていう状況は、精神的にかなり辛いものがあるんですよ。この気持ちは無職にでもならないと本当にわからないと思います。



健康的な生活を送っている

無職にしては早寝早起きです。夜は毎晩10時半くらいに寝て、朝は5時半〜6時の間に起床。もう目覚ましをかけなくても自然に起きられます。昼寝を含めると、だいたい8時間くらい寝てますね。

あとは、筋トレもやってます。運動不足のサラリーマンやひきこもりニートたちが、日々お腹に脂肪を貯めてゴブリンと化していっている間に、僕はどんどん筋肉をつけてかっこ良くなりたいと思います。

以前別の記事で書いたとおり、筋トレをすると筋肉だけでなく自信もつきます。特に無職にとっては、自分に自信を持つことは超大事ですから。

無職・ニートは仕事を探す前に筋トレをやるべし! : 26歳無職くん無職・ニートは仕事を探す前に筋トレをやるべし! : 26歳無職くん

健全な精神は健全な身体に宿る。無職こそ健康的な生活を送ることが必要だと思います。




職業訓練を受けている

現在、就労移行支援施設に通って職業訓練を受けています。何もしていないのに比べたら親からの圧力はずっと弱まりますし、自分でもなんだか前に進んでいるような気がしてきて、気持ちも楽になります。

それと、職業訓練のある日は当然外出することになりますが、外に出て日の光を浴びるというのはすごく重要。無職になりたての頃は一週間ずっと家にこもっていることが多かったんですけど、かなりキツくて闇落ちしそうでした。太陽は偉大なり。

あとさっきも書いたとおり、訓練を受けながらお金が貰えるのは助かります。



ブログを書いている

アニメやマンガ、ゲームなどを楽しむのもいいですが、そうした消費活動だけだとすぐに虚しくなってきます。人間って、消費するより自分で何かを生み出したほうが喜びを感じるんだと思います。

そんなわけで、僕は今こうしてブログを書いています。まあブログでなくても例えば小説を書いたり、イラストを描いたり、あとはアクアリウムを始めてみるとか。無職になったら、そうしたクリエイティブな趣味を見つけることをおすすめしますね。



仕事というものを重視していない

みんな労働を美徳と思いすぎ。「働いていない奴はダメだ」なんて思うから、失業したときに病んでしまうのです。

周りを見てみてくださいな。働いていてもダメな人たちっていっぱいいるでしょ?部下に平気で残業や休日出勤をさせたり、うつ病に追い込むような人間より、そんな環境に耐えかねてドロップアウトした人のほうが、よっぽど人間的に上だと思います。

どんな職業に就いているかとか、仕事ができる・できないなんてことは、その人のほんの一面にすぎません。働いていないから人間として無価値だ!なんてことはないのです。


というふうに考えていれば、失業しても病んだりしないでしょう。





…だいたいこんなところですかね。もちろんいつまでも無職ではいられないでしょうけど、今のところ心身ともに健康であるという点については、幸運だと思ってます。