午後って超眠くないですか?僕は昼食後しばらく経つと、前の日に何時間寝ていようが関係なしに眠くなります。
BlogPaint

休日は眠くなったらいつでも寝れますけど、学校や会社に行く日はそうもいかないですよね。僕は無職ですが、現在職業訓練に通っているので、その日の午後はベッドで横になることができません。

まあ、午後は作業系の訓練を行うことが多くて、その際にこっそり抜け出してトイレで…ゲフンゲフン。

そういえば、公務員時代も日中どうしようもなく眠くて、上司と一緒に出席した会議やミーティング中に居眠りこいていたことがありました(全く注意されなかったけど、きっとバレてたと思うんだ)。



とにかく、日中ずっと眠いのを我慢して働くのは効率悪過ぎます。いくら気合いを入れたって、眠いもんは眠いのです。トイレに行ったりタバコを吸ったりするのと同じように、昼寝も好きなときにしたい。

「昼休みに寝ればいいじゃないか」

って思う人もいるでしょうけど、日中最も眠くなるのは、だいたい14時〜16時くらい。つまり昼休みが終わってから眠気のピークがやってくるので、やはり昼休みとは別に「昼寝休憩」の時間があったほうが良いと思うんですよね。



昼寝を容認する企業も

実際、自分の判断で好きなときに昼寝をすることを認めている企業もあるようです。

昼寝を許す会社の本当の狙い | 株式会社OKUTA|コンディショニング|【瓦版】昼寝を許す会社の本当の狙い | 株式会社OKUTA|コンディショニング|【瓦版】

なぜ昼寝を容認するのか

「弊社のミッション・ステートメントの最上位には、持続可能な経営を行い地球環境の原則を尊重する、とあります。持続可能な経営には健康管理も大きな要素を占めています。眠くなったら寝るのは自然の摂理。仕事中でも例外ではありません。よく心配して質問されますが、これまでに全く問題はありません。むしろ、眠いのをガマンして仕事をすると体に良くないですし、なにより結果的に生産性が落ちるのではないでしょうか」と同社総務部広報課の玉井多映子氏の回答は、実に明快だ。

いいですね。どうせ就職するなら、こういう会社に入りたい。

よく考えると当たり前なことしか書いていませんが、そんな当たり前なことを実践している企業はまだ多数派ではないでしょうね。すべての企業は、さっさと業務中の昼寝を認めるべきだと思うんですが。


いっそ、昼寝を認めない企業はもれなくブラック認定されればいいでしょう。