はじめまして。BRSと申します
自分も消防官をやめる決心をして以降、公務員ネタの記事を何度も見て参考にさせていただいております。

質問です。
今回のQ&Aではフリーターやニートから公務員になった人は?とのお題ですが、逆に公務員を辞めて民間に転職した方はいましたか?

BlogPaint

はじめまして。前回のQ&A記事に関連した質問ですね。

【Q&A】フリーターやニートから公務員になった人はいましたか? : 一城当千!【Q&A】フリーターやニートから公務員になった人はいましたか? : 一城当千!

民間に転職した人は、僕が知っている人だけでもけっこういました。

建築や土木といった技術職や、県立or市立病院の看護師として働いていた人が多かったように思います。そういった職種の場合、専門知識や免許を持っていたりするので、事務職に比べて転職しやすいんでしょう。

特に看護師さんの転職率が目立って多かったですね。聞いた話によると、「民間に比べて給料が安すぎる」というのが一番の理由だそうで。



事務職だと、例えば僕の同期で民間企業から転職してきたものの、僕とほぼ同じタイミングで退職し、また民間企業に転職したという人がいました。

その人の退職理由は「仕事にやりがいがなかったから」

実際、「やりがいがない」とか「仕事がつまらない」みたいな理由で辞める人は本当に多かったですね。僕が仕事を辞めたのも、やりがいを見出せなかったうえにストレスが多かった、というのが大きいです。

僕が仕事をバックレて公務員を辞めた理由  その① : 一城当千!僕が仕事をバックレて公務員を辞めた理由 その① : 一城当千!

そういった理由で、僕のように次の仕事の当てもないまま辞めた人も同期でちらほら。



たぶん、僕の親世代の人たちは

「仕事は辛いのが当たり前だ」
「つまらないから辞めるなんて、甘ったれるな」

なんて思うのかもしれませんが(というか実際言われたんですけど)、もう時代も人の価値観も変わっているんです。いくら安定した仕事であろうと、自分に合っていて、楽しいと思えるようものでなければ続かないですよ。