この間、とある企業のホームページを見たら

弊社では、社員のワーク・ライフ・バランスを推進するため、毎週水曜日に「ノー残業デー」を設けています。

みたいなことが書いてありました。

最近はこのように、週1日残業をしない「ノー残業デー」を設けている企業が増えているような気がします。僕が以前働いていた職場も、毎週水曜日が「ノー残業デー」ということになっていました。
-shared-img-thumb-GREEN_SHI20140125_TP_V

...でもこれ、おかしくない?



毎日が「ノー残業デー」のはず

残業というのは、本来なら「どうしても納期に間に合わない」みたいな場合にのみ、例外的に行うもの。であれば、本当は毎日が「ノー残業デー」であるはず。

週1日「ノー残業デー」を設けているということは、それ以外の日は残業しているということになります。残業が常態化しているってことは、もうその時点でブラック認定ですよ。



ワーク・ライフ・バランス(笑)

「ノー残業デー」を設けている企業は、それだけでワーク・ライフ・バランスの推進に力を入れた気になっているのかもしれないですけど…

たった週1日だけの「ノー残業デー」で、よくもまぁドヤ顔できますね。それって、

「うちは週4日も社員に残業させているブラック企業です!」

って言ってるのと同じですよ。そんな会社入りたくない。


本気でワーク・ライフ・バランスを実現させる気があるのなら、毎日を「ノー残業デー」にしてみろよって思います。