最近トイレで用を足すと、ときどき尿が微妙に白く濁っていることがあるんですよね。仕事を辞めてニートと化してから、突然このような症状が出はじめました。


(えっ、何これ?病気じゃね…?)


初めてのことでビビりまくり。不安になったので、とりあえず自分で調べてみることにしました。本当にやばい病気だったらシャレにならないですからね。

検索でとある内科のサイトを発見したので、ここから文章を引用させていただきます。

気になる尿のにごりと生活習慣|院長ブログ|糖尿病|日曜診療|新小岩なか内科気になる尿のにごりと生活習慣|院長ブログ|糖尿病|日曜診療|新小岩なか内科


尿のにごりには、心配のないものと病気が疑われるものがあります。


心配のないもの

ほうれん草や煎茶、ココアなどシュウ酸を多く含む食品や肉類などの動物性たんぱく質を摂りすぎると、尿中にシュウ酸カルシウムの結晶ができやすくなり、にごることがあります。
この場合、一時的なものなら心配はありません。ただ、この状態が続くと尿路結石ができやすくなりますので、食生活には注意が必要です。


病気が疑われるもの

膀胱炎や腎盂腎炎、尿道炎、前立腺炎などの尿路感染症や性感染症にかかると、膿が尿中に出てくることでにごることがあります。
尿路感染症の場合は、にごりのほか排尿時の痛みや発熱、腹痛などをともなうことが多くなります。抵抗力の弱い高齢者やお子さんにも多い病気です。
性感染症による尿のにごりは男性に多く、女性には顕著な症状があらわれないことが多いです。男性の場合は排尿時の痛みをともないます。

排尿時に痛みや発熱などがあると、病気が疑われるとのこと。僕の場合そういった症状は全くないので、この文章を読む限りでは、病気の心配はなさそうです。ただ、最近肉をたくさん食べているような気がするので、シュウ酸を摂り過ぎている可能性があります。
シュウ酸は野菜や果物、穀類に多く含まれる成分ですが、摂りすぎると結石のもとになります。腎臓から尿管、膀胱、尿道に至る尿の通り道にできる結石を尿路結石といいます。

シュウ酸を多く含む食品としては、ほうれん草や煎茶、ココアのほか、ナッツ類、チョコレートなどがあります。コーヒーの飲み過ぎもいけません。

Oh…。たしかに最近肉だけではなく、果物、ほうれん草、煎茶、チョコレートを食べまくっていますね。ドンピシャですな。

まあ一時的なものなら心配ないみたいです。でも尿路結石は怖いので、しばらくこれらの食べ物は控えなければ。

【追記】
気づいたら尿の濁りはなくなってました。よかったよかった。ニートになったことは全然関係なかったもよう。しばらく経っても改善されない人は、痛みや発熱がなくても医者に診てもらったほうがいいかもしれません。