障害者の通う就労移行支援事業所について、質問をいただきました。

管理人さんの利用している事業所は、職員の方の出入りはどのようなものですか?

私の利用している事業所は、一般的に異動や退職が多い3月・4月の時期を挟んだというのもありますが、ここ数ヶ月で職員がかなり入れ替わって正直困惑しています。

(特にこの人が中心なんだろうなという人が次々といなくなりました)

福祉関係の業界自体が流動性が高いというのもあると思うのですが、実際、どこの施設もこんなものなんでしょうか?

BlogPaint

実は僕のところも職員の入れ替わりが激しいんですよねぇ。他の事業所はどうなのか知りませんが、たしかに職員の入れ替わりが激しすぎると、僕ら利用者にとってよろしくない場合がありますよね。



例えば…


僕が入所して間もない頃、とある職員さんから、
「一城さんは能力がありますし、一人でどんどんスキルを習得していくことができる方なので、毎日事業所に来て他の方と同じペースでやるよりも、在宅で訓練をしたほうが良いと思うんですが、どうでしょう?」

みたいなことを言われたことがあります。

急な話ではあったんですけど、「毎日通所しなくて済むなら楽でいいや」と思って、二つ返事で同意。そのまま在宅訓練を始めることとなりました。


ところが、その職員さんはその後間もなく退職してしまったんです。

その結果、「通勤に慣れるためにも、毎日通所すべし」という他の職員さんの意向によって、僕の在宅訓練は短期間のうちに終了してしまいました。

この件については、そういえば以前記事を書いていたな↓

いちいち就労移行支援所に通うのめんどくさい!在宅で職業訓練をやることになりました : 一城当千!いちいち就労移行支援所に通うのめんどくさい!在宅で職業訓練をやることになりました : 一城当千!


在宅での職業訓練が終了。普通に事業所に通うことになって涙目の俺氏 : 一城当千!在宅での職業訓練が終了。普通に事業所に通うことになって涙目の俺氏 : 一城当千!



それから最近の出来事でもう一つ、事業所の紹介でとある企業の面接を受けた件について。

その件を担当していた職員さんが、面接結果を僕本人に知らせないまま異動してしまったんですよ(そのときは退職だと思ってましたが、勘違いでした)。

あの日受けた面接の結果を僕はまだ知らない。 : 一城当千!あの日受けた面接の結果を僕はまだ知らない。 : 一城当千!

時期的に、その職員さんは企業から結果を聞いていたはずなんですがね。仮に自分から僕に直接伝えられなくても、他の職員さんに引き継いで伝えてもらうようにしておくべきことなのに。

マジであり得ないなぁ〜、と思いました。引き継ぎがちゃんとできていなくて、話が伝わっていないのが一番困ります。




まあここまでいかなくても、バンバン人が入れ替わっていく環境だと、なかなか落ち着いて訓練を受けられないという利用者もいて不思議はないでしょう。

人事異動や職員の退職などは仕方ないにしても、何かしら利用者が困ってしまう事態は防いでもらいたいものです。