Amazonのクレジットカードを作ってみました。

image


さすがAmazon、予想以上に段ボールっぽいデザイン!

種類は「Amazon MasterCard クラシック」というやつ。「クラシック」の他に「ゴールド」というのもあるんですが、そっちは30歳以上限定なので、27歳の僕は「クラシック」1択です。




申し込んだ理由

これまでは楽天カードを使っていたんですけど、僕は欲しいものはほとんどAmazonで買っていて、楽天市場は全然使わないんですよね。

それゆえ、せっかく貯まった楽天ポイントの使い道もなし。以前は楽天koboで電子書籍を読んだりもしましたが、今は完全にKindle1本化です。そのほうが楽だし。


それだったら、ポイントをAmazonで使えるクレジットカードのほうが良いよなぁ〜と思って、今回Amazonのクレジットカードを作ることにしたわけです。




クラシックの主なポイント

Amazonサイトになんかいろいろ書いてありますが、個人的に「どうでもいいや」と思った部分は省いて、興味のある部分だけまとめました。

・新規入会で、2,000円分のAmazonポイントがもらえる

・初年度年会費無料。2年目以降は1,350円だけど、年1回以上カードを使えば翌年度も無料

・ポイント付与は、Amazonでの利用は1.5%、それ以外のMasterCard加盟店では1%

・ポイントの有効期限は1年


2016年7月現在の主なポイントです。もっと詳しいことや最新の情報については、Amazonサイトで確認してください。

Amazon.co.jp: クレジットカードAmazon.co.jp: クレジットカード


僕が重視したのが、年会費が無料かどうか。

上で書いた通り、初年度は無料、2年目以降は1回でもカードを使えば無料。僕は電子書籍に加え、プロテインやサプリメントを定期的に買うので、確実に毎年使います。なので問題なし。

後はすでに述べた通り、カードを使った際に付与されるポイントが、そのままAmazonでの買い物で使えること。


僕としては以上の2点をクリアしてさえいればOKだったので、迷わず申し込みました。



無職でも審査通る?

問題は審査に通るかどうかなんですよね。

僕は無職なのに何故か通りましたが、ググッてみたら「落とされた…」「Amazonのカード審査厳しすぎワロタw」みたいな嘆きを多く目にしました。

Amazonのクレジットカードは楽天カードよりも審査が厳しいらしいですが、働いていても落とされる人がいる一方で、無職でも通る人もいたりと、基準がよくわかりません。僕は運が良かったのかも。


一度落とされた人は、その後も何度かトライしてみるか、どうしてもダメなら諦めて楽天カードにすることですね。楽天カードは無職でも通りますよ。