2016年は邦画が豊作ですごい盛り上がった年でしたね。

僕も例年に比べてたくさん映画を観に行っていたということで、ここらで今年観た作品をざっと振り返ってみることにしました。



遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS




僕らの遊戯王が帰ってきた!

懐かしのBGMのアレンジバージョンやお馴染みの小ネタなど、昔からのファンを全力で落としにかかっていくスタイルには終始歓喜させられっぱなしでした。モンスターではない、神だ!

子どもの頃好きだった作品の新作が観れるというのは、実に感慨深いものです。「昔はよかった」な老人にはなりたくないですが、やはり遊戯や海馬が登場する初代は至高。
 


こちらのアニメコンプリートガイド↓買いました。


初代遊戯王の歴史がぎゅっと詰まっていて、とても充実した内容でした。遊戯王ファンなら買って損はないです。



シン・ゴジラ



特撮とか超久しぶりに観たかも。そういえばゴジラの映画自体ほとんど観たことがなかった。

最初ゴジラの第一形態が陸に上がってきたとき、「この怪物とゴジラが戦うんかな?」とか思ってました。まさか進化するとは…さらにビームとか出しちゃったりして、胸熱すぎじゃないか?

他にも「そもそもゴジラってなんなんだろう?」みたいなことを考えてみたり、震災・原発問題の比喩として考察してみたりと、いろんな見方が出来て楽しめる作品でした。




君の名は。



公開前に過去の新海作品を急いでひと通り観たんですけど、『君の名は。』はそれまでの過去作品の要素が随所に見られて、まさに集大成といえる作品でした。

新海色が薄まった点についてはちょっと物足りない気はするものの、大衆向けエンタメ作品という感じで普通に面白かったです。

(三葉のパンチラを見逃すという大失態を犯したので、もう1回観に行かねば)





聲の形



僕のなかでの今年ナンバーワン作品

原作改変がすごく上手かったという印象。ラストシーンと、そこにもっていくまでの演出が見事でした。

特に音(=聲)へのこだわりが半端ない。音とは耳だけでしか感じられないものではなく、例えば振動というかたちで肌でも感じ取れるし、水を伝われば波紋として目で確認することもできる。

聴覚障害をもつヒロインは耳で音を捉えることが困難でも、振動や波紋としての音なら感じ取れるんです。そういったことを表現した場面が随所に描かれていたのが良かったです。

そして「聲の形」という作品のテーマ・タイトルの意味がすべて集約されているラストシーンは本当に鳥肌ものでした





この世界の片隅に




戦時中の日本を舞台としながら、たわいもない日常を描いてるのがすごく新鮮でした。

戦争映画って、戦争がいかに残酷なものかということを訴える作品が大半だと思うんですよね(戦争映画たいして観たことないので、イメージです)。

でもこの映画では、戦争中であっても人々は常時切羽詰まってるわけではなくて、僕らと同じように普段の生活があり、楽しいことがあれば笑ったりするんだよ、ということが丁寧に表現されている。それが逆に、戦争というものへのリアリティを生んでいたように思います。

最初は正直キャラデザが好みでなくて観に行こうか迷っていたんですが、観ておいてよかったです。時間をおいてからもう一度観たい。




劇場版「艦これ」



あまり期待してなかったけど…面白いじゃん!

艦娘や深海棲艦の正体といった艦これ世界の本質に迫る内容で、原作ゲームの世界観がより深まったと思います。

ストーリー・世界観にイマイチ一貫性のなかったTV版とは違い、芯の通った物語としてちゃんとまとまっていたように思います。これだよ、これが観たかったんだよ…!


戦闘シーンについても、動きに躍動感があって良かったです。TV版だと棒立ちで海上を進んでいてシュールだったんですけど、今回はスケートみたいに格好良く滑ってました。

最近ゲームのほうはあまりやらなくなってたんですよね。でも今回の映画を観てまたプレイしてみようかな、という気になりました。まだ大鳳持ってないし(そういや大鳳はどこいった?)




まとめ

「今年は『シン・ゴジラ』以上の作品は出ないだろう」

と思っていたら『君の名は。』が興行収入であっさり抜き去り、『君の名は。』につられるように『聲の形』も大ヒット。そしてさらに『この世界の片隅に』は誰もが大絶賛する名作、と。いやホントすごい年だった。

これを機に、今後アニメ業界もいっそう劇場版の制作に力を入れていくでしょうねぇ。