医療費負担がゼロになったよ

精神通院で自立支援医療を利用する場合、医療費が通常の3割負担から1割負担になるのが普通なんですけど…


健康保険の加入者が低所得者(住民税非課税)ですと、東京都の場合は都が残りの1割を負担してくれるので、自己負担額がゼロになるのです。行政側が「都単」と呼んでいる制度だそうで。


精神通院医療に係る東京都医療費助成制度

東京都では、社会保険加入者、後期高齢者医療制度加入者又は国民健康保険組合加入者で、区市町村民税非課税世帯(低所得1又は低所得2)の方について、自立支援医療(精神通院医療)に係る自己負担額分を助成する制度を実施しています(介護保険法による訪問看護に要する費用に関する自己負担額は除く。)。



自分の保険証であれば自分が、親の保険証であれば親が低所得者にあたれば、都単の対象となります。

僕は去年までは親の保険証を使っていて、親は低所得者ではなかったので、精神通院の医療費は1割負担でした。

今年は就職して自分で保険に加入しており、給料ももらっているので来年からは住民税を払うんですけど、今年はまだ非課税。


よってガッチリ都単による助成対象となってるわけで、精神通院での自己負担はゼロになるんですな。やった!


↑自立支援医療の申請書。所得区分が「低所得Ⅰ」となっており、赤字で「都単」と書いてあります。




まあ今年だけなんですけどね。来年からは1割負担に戻り、住民税もガッツリ引かれます…。