『インベスターZ』という漫画を読んだので感想を書きます。面白いよこれ!

 

◼️中学生が投資を始める漫画

ざっくり説明すると、中学生になった主人公・財前孝史が学園の投資部に入部して、投資(主に株)の才能を発揮していく話。

 
財前君が入部した投資部っていうのが、それぞれの学年における成績トップの生徒のみで構成されていて、この部活の存在を知っているのは、投資部の部員と学園創設者の一族のみ。

そして学園創設から現在まで、学園の運営費用はすべて投資部が行う資産運用によってまかなってきた、という設定なんですね。


財前君は主席で入学したことで、強制的に投資部に入部させられるんですけど、先輩やいろんな大人たちから知識・経験を得て、どんどん腕を磨いていきます。

 

作者は『ドラゴン桜』の三田紀房(みた のりふさ)氏でして、「投資版ドラゴン桜」といったらわかりやすいかも。


『ドラゴン桜』でもそうでしたが、まず素人がよく抱いているイメージやもっともらしい一般論を、インパクトのあるセリフでばっさりと否定するんですよ。

 

それで読者を引き込んで、その後説得力のある説明で「なるほど」と納得させる。そういう見せ方がこの作者は相変わらずうまい。

なお、主人公が投資の神様?の声を聴いたり、過去にタイムスリップしたりといったファンタジー要素があって、三田紀房作品としては珍しいなと思いました。

 

 
◼️投資を始めたくなる

漫画的演出が上手くて面白いのに加えて、株についての基本的な知識だったり、経済のしくみなどタメになることがたくさん書いてあって、読むだけで勉強になります。


まあ一部主張が極端すぎたりもするので、全部を鵜呑みにすることはできません。読むとなんだかすごく簡単に儲かりそうな気がしてくるんですけど、さすがにそこまで甘くはないですw

ただ、投資に対する心理的なハードルがぐっと下がるのは良いことです。入門書として読むにはかなり良い作品ですよ。


 

◼️余談:僕も資産運用やってます

かくいう僕も、このマンガの影響で資産運用を始めた一人だったりしますw といっても株はまだやっていないんですけどね。

ひとまず、ロボアドバイザーが自動で投資してくれるウェルスナビ というサービスを使い始めました。

 

それから、最近熱い仮想通貨も。こちらはコインチェックを利用しています。『インベスターZ』でも仮想通貨を取り上げてくれないかな~。


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
 
株で儲けようと思ったら、初期投資として最低100万円くらいは欲しいところ。しかし今はそんなに用意できないので、まずはミニ株から始めてみようかと思ってます。