今までメインで使っていたCOCグリッパーのNo.2が楽に閉じれるようになったものの、2.5はまだ硬くて使えない…。2と2.5の中間の強度のものが欲しいぜ。


そんなわけで、COCグリッパー同様、世界の握力トレーニーたちの間で広く使われている「GHPグリッパー」を買ってみることにしました。

 


◼️Canon PowerWorks で購入

今回はCanon Powerworksというアメリカのサイトを利用してみることに。


メーカーの公式ホームページからでも当然買えるんですけど、Canonは他のトレーニング器具も充実していて、レーティング(強度調節)などのサービスも行っているので、こっちのが便利です。

アメリカのサイトなので文章は英語ですが、基本的には欲しいものをポチって住所を入力するだけ。英語がそんなにできなくても大丈夫だと思います。

 

今回のお目当てはさっきも書いたとおり、COCの2と2.5の間の強度のグリッパー。それとグリッパーを閉じる際に使うセッティングブロックという器具も買うことにしました(後で紹介します)。

調べたところ、GHPのLevel5とlevel6のグリッパーがそれに相当するらしく、ちゃんと在庫もあって無事購入手続ができました。


料金は以下のとおり。

 
グリッパー2つとセッティングブロック1つ。それと送料込みで、日本円で合計10,094円でした。相場としてはまあこんなもんでしょ、多分。

海外のサイトから購入した経験はあまりないので、ちょっと緊張。ちゃんと届くんだろうか?

 


~後日~


 

届きました。注文してから18日後に到着です。よかった…。

 


片方のハンドルに線が多く入ってますね。こっちを上にして握るらしい。

 


こちらがセッティングブロック。これをハンドルの間に挟んでから握るのがGHPグリッパーの公式ルールになります。


 

◼️GHPグリッパーについて

 
・強度は10段階

Level1~Level10まで、10段階の強度があります。

Level 1 – 100lbs(約45kg)

Level 2 – 125lbs(約57kg)

Level 3 – 150lbs(約68kg)

Level 4 – 175lbs(約79kg)

Level 5 – 200lbs(約91kg)

Level 6 – 235lbs(約107kg)

Level 7 – 275lbs(約125kg)

Level 8 – 325lbs(約147kg)

Level 9 – 375lbs(約170kg)

Level 10 – 425lbs(約193kg)

 

Level10はCOCの4より硬いんですね…。今のところ、これを公式ルールで閉じた人はいないみたいです。

 


・認定制度あり

 COCグリッパー同様、認定制度があります。Level7以上のグリッパーが対象です。

 GHPグリッパーの認定は「Levelいくつのグリッパーを連続で何回閉じれるか」を競うもので、ランキング形式で上位の猛者たちの名前がホームページに載っています。

 
同じ強度だと、当然閉じた回数の多い人が順位が上になります。例えばLevel7を10回閉じれる人は、1回しか閉じれない人より上ということ。

強度が異なる場合は、回数に関係なく、より強度の高いグリッパーを閉じた人が上位になります。Level7を100回以上閉じた人より、Level8を1回閉じた人のほうが上ってことです。

 

申請方法は、ジャッジの目の前でグリッパーをルール通りに閉じてみせるか、または自分で動画を撮影し、メールに添付して送るかのいずれかになります。

まあ日本に住んでいる人は後者一択でしょうね。

 

認定についての詳細は公式ページをどうぞ→Canon Powerworks
 



◼️さいごに:握ってみた

さっそく公式ルールでチャレンジしてみました。

 
Level5はなんとか成功。握った感じは、初動がCOCグリッパーより硬い気がします。

Level6は閉じれず。まだまだ実力不足なり。てかいきなり硬くなりすぎじゃないか?w  今度は5と6の中間強度のグリッパーが欲しいんですが。