仮想通貨取引所「コインチェック」から580億円相当のNEMが盗まれた、という衝撃的な事件。

僕もNEMやその他の仮想通貨、そして買い増し用の日本円をコインチェックに置いていました。総額50万円くらい…。

 
事件を知って「まじか!」とショックを受けながら、しばらく状況を見守っているところです。


コインチェック側は日本円で全額返金すると発表してます。それなら良いんですが、本当に返してもらえるのかはまだわからないですねぇ。

それから、いつ資産を引き出せるようになるのかも気になります。早くウォレットに移したい!

しかし心配ばかりしても仕方ないので、今回の事件を教訓に、これからやるべきことをやっていくことにしました。


 

◼️仮想通貨はウォレットに入れて保管する

ハードウェアウォレットは事件前に買っていたんですけど、めんどくさくて使わずにそのまま放置しちゃってました。かなり後悔してますw


もはやめんどくさいとは言ってられないので、さっそくZaifに置いてあったビットコインを一部TREZORに移しました。

fullsizeoutput_58d


TREZORは公式サイトで買いました。Amazonだと出品者が信用できるところなら良いんですけど、詐欺師が出品したものを買った場合、コインを入れた途端盗まれる可能性があります。メルカリなどで中古品を買うのは論外です。


一方、NEMはnano Walletというソフトウェアウォレットに保管。

 

送金ミスってロストするのが怖いので、まずは少額移してみましたが大丈夫でした。

その他のコインも、なるべく早いうちにウォレットに移します。ミスらないように入念に調べながらやってるので、時間かかりそうですが。それにしてもめんどくさいw 

 


◼️住信SBIネット銀行を利用する

今は三菱東京UFJ銀行をメインに使っているんですが、入金に時間がかかるんですよね。

特に土日祝日は対応してくれないので、入金を待っているうちに買い時を逃しちゃう可能性があります。


そんなわけで、あらかじめ買い増し用の日本円を取引所に入れているんですけど、今回の事件を受けて、やっぱりそれもリスキーだなぁと。



そこで、住信SBIネット銀行の口座を作ることにしました。


調べたところ、ここは24時間365日対応していて、入金スピードも早いらしいです。さらに、ほとんどの国内取引所が提携しているので、手数料も無料だったりします。

まさに仮想通貨投資をやるなら必須級のサービスといえますね。さっそく口座開設の申請をして、会社の給料もこっちに振り込んでもらうようにしたいと思います。

 

 
◼️さいごに

最悪、このまま預けてある資産が全部消えることも覚悟してました。

余剰資金で投資しているとはいえ、もしそうなったらさすがにテンション下がりますねぇ。まあ大丈夫だとは思いますが。

 
しかし、今回の事件で学んだことはすごく多いので、前向きにとらえて今後の仮想通貨投資に活かしていきます。