5月から「クールビズ」が始まりますね。街を歩くサラリーマンたちも半袖にノーネクタイ、ノージャケット姿となるのが、すっかり夏の風物詩みたいになっています。

僕も就労移行訓練では正装ですが、もちろんクールビズ期間は軽装となります。やっと半袖シャツを着られる!



クールビズは、2005年に「夏場の軽装による冷房節約」をキャッチフレーズとして、当時の小泉首相が始めたキャンペーン。環境庁が推進している期間は、5月1日から10月31日まで。当初は6月1日から9月30日までと想定されていたらしいですが、東日本大震災以降は電力不足が懸念され、期間が延びました。

もっとも、企業によってクールビズ期間が違うようですが。



もっとゆるくていいんじゃない?

真夏に暑苦しい格好で過ごすのは自殺行為だし、個人的にもスーツやネクタイは大嫌いなので、クールビズはありがたいんですけど...

わざわざ期間をきっちり決めなくていいんじゃないの?


僕も働いていた頃や現在の就労移行支援所で、特にクールビズ最終日になると「明日からはジャケットとネクタイを忘れずに!」としつこく言われてきました。

でも、「暑い」とか「寒い」などと感じ始めるタイミングは人によって違うんだから、なにもそこまで一斉に衣替えしようとしなくていいのに...って毎回思います。「10月31日までは軽装OKで、11月1日からはダメ」って、なんかおかしくない?

11月1日になっても「まだ軽装でいける!」という人もいるでしょうし、それぞれのタイミングで服装を変えたらいいと思うんですが。



夏場でなくともスーツ&ネクタイは嫌だ

それに、わざわざ「クールビズ期間」を設けるということは、その期間以外はスーツにネクタイを着てこなければならない、という解釈をみんなしてしまいます。

そもそもスーツはシワになりやすいし、動きづらい。おまけに長時間着ていると肩が凝ってくる。こんなもの夏場でなくとも、普段着ることに合理性があるとはとても思えないんですけど。

そしてネクタイにいたっては、それこそ身につける意味は皆無。あんなもの、僕には社畜の首輪にしか見えません。
ネクタイ

なぜスーツやネクタイを着用しなければならないのかと聞くと、「社会人として当然のマナーだ」「そんなの常識だ」などと、答えになっていない返答が返ってくるばかりで、これまでに納得のいく説明を聞いたことは一度もありません。

よく「スーツを着ると身が引き締まる」と言う人がいますけど、そういう人たちは別に自由に着ればいいです。でも、自分たちがそうだからといって、スーツを着たくない人たちにまでスーツの着用を強制するのはやめてほしいですな。




本当に快適に仕事がしたいなら、クールビズとか関係なしに、一年中個人がそれぞれの感覚で服装を決められるようにしたらいい。国や会社が決めた期間はあくまで参考にする程度で。ロボットではなく人間なんだから、衣替えをするタイミングくらい自分で決めるべきです。